カートをみる 会員さまログイン ご利用案内 ご感想・お問い合わせ お客さまの声 サイトマップ
RSS
 

店舗プチリニューアルのご案内

ふきっ子おやき店舗プチリニューアル

■ 【ふきっ子おやき】のプチリニューアル

ふきっ子おやき実店舗の写真店主のわたしが母からおやき屋を継いだのは12年前のことでした。
十年一昔をはよく言ったもので、この12年の間におやきを取り巻く環境は目まぐるしく変わり、冠婚葬祭にはおやきが付き物だった時代は終焉を迎えようとしています。

一方で、おやきを核に据えながらも、信州の郷土食というカテゴリーの中で地元野菜をメインにした郷土食をいろいろ提供していきたいという思いが年々強くなってきました。

そこで今こそ、この時期に、おやきだけを作っていた【ふきっ子おやき】の時代から、次のステージ【郷土食と野菜惣菜のふきっ子】へとプチリニューアルします。

●変更点

項目 現状 変更後
店舗名 ふきっ子おやき 郷土食と野菜惣菜の店 ふきっ子
※ネットショップは
 【ふきっ子おやき】のままです
定休日 水曜日と第1、3木曜日 毎週日曜・水曜日
営業時間 平日 9:00〜17:00
日・祝 9:30〜13:30
平日 10:00〜19:00
土・祝 10:00〜17:00
百十そば 毎週 日・月・火曜日 店舗営業日は毎日提供
ランチタイム 12:00〜13:30(ラストオーダー)
百十そばのみ提供
12:00〜14:00(ラストオーダー13:30)
百十そば・おこわランチの提供
野菜惣菜の販売 なし 13時から販売カウンターにて
ほろ酔い処 なし 夕方から、お酒とつまみのセットあり

▲ Back to Top

■ ランチには『百十そば』と『おこわ』

冠婚葬祭の際にはおやきと並んで『おこわ』もよく作られてきました。
お赤飯はもちろんのこと、黒飯や栗おこわ、きのこに山菜。全国各地で作られているおこわですが、どの地でも“晴れ”の食としてそれぞれの郷土に根付いてきました。

ふきっ子おやき日替わりおこわランチの写真

※実際のランチには、汁物がつきます

限定の『百十そば』と日替わりの『おこわ』。
どちらもセットでご用意しております。
『日替わりおこわランチ』は前菜と汁物、デザート付きで1,000円(税込)。
『百十そば』は前菜とデザート付き1,200円(税込)です。

▲ Back to Top

■ 店頭では『おやき』と『野菜惣菜』を販売

信州は野菜がおいしい。だから野菜摂取量日本一、長寿日本一なのでしょう。

そのおいしい旬の野菜たちをおやき以外にも使いたい。

旬の野菜の写真

これがわたしの長年の願いでした。

ようやく今回のリニューアルで『野菜惣菜』の販売が叶いました。
忙しい現代、家庭で手間をかけて野菜料理を作るのは大変です。添加物、化学調味料を使わない自然の味わいのふきっ子の野菜惣菜を召し上がってみてください。

▲ Back to Top

■ 仕事帰りは『ほろ酔い処』でリセット

ふきっ子の立地は市街地に通じるバス路線の停留所前。この立地なのに、先代の時代から営業時間は午後5時まででした。

生ビールのイメージバスからシャワーのように降りてくる仕事帰りの人たちを見て『家に帰る前にどこかで気分をリセットしたい人もいるだろうなあ』。
そんなことから『ほろ酔い処』をオープンすることを思いつきました。

朝が早いおやき屋ですから、営業は午後7時まで。
本格飲みは無理ですが、“チョイ飲み気分”でお立ち寄りください。
焼きたて熱々のニラせんべいもご用意しております。

新しく生まれ変わった【郷土食と野菜惣菜のふきっ子】を、どうぞよろしくお願いいたします。

おやき教室のご案内

ふきっ子おやきのおやき教室

■ おやき教室をはじめた理由

長野県の各地に伝わるおやきや焼き餅の類は、日常食として、また盆や正月、年中行事の晴れの食として作られてきました。これらはわたしたち長野県人が大切に繋げていかなくてはいけない食文化です。
しかし作り手の高齢化や後継者不足のため、地域での継承が危ぶまれています。

この厳しい現実を知るにつれ、「どうしたら次の世代に伝えていけるのか?」を考えました。

ふきっ子おやき本店の写真それはやはり『家庭でおやきを作ること』しかないのです。我が家のおやきの味が地域の食に通じ、生きた郷土食として未来に繋がっていくのです。

ふきっ子おやきでは、そんな思いから毎月のおやき教室開催をはじめました。

おやき作りに興味はあるけれど作ったことがない方、おばあちゃんの味を再現したい方、もう少しレパートリーを増やしたい方などなど、どなたでもご参加いただけます。

毎月、ふきっ子おやきの焼き蒸かしタイプのおやきのほかに、月替わりで各地のおやきを作っていきます。
ぜひお気軽にご参加くださいませ。

第3回おやき教室の様子を写真とともに紹介していますので、ぜひご覧ください。

▲ Back to Top

■ 開催日程および詳細

  • 日 程 : 毎月、第一日曜日およびその翌日の月曜日
  • 時 間 : 14:00〜16:30
  • 場 所 : 長野市稲里
  • 参加費 : 2,000円(お持ち帰りおやき5〜6個付)
  • 持ち物 : エプロン、三角布、ハンドタオル、上履き

参加希望の方は、参加申し込み欄にあるカレンダーををご確認の上、本店へお電話(026-284-2934)、もしくは参加申込フォームよりご連絡ください。
開催場所等の詳細は、申込者に改めてご案内させていただきます。

定員が集まり次第、募集終了となります。
開催日なのにお申し込みボタンが表示されない場合は、すでに定員に達してしまっておりますのでご了承ください。

▲ Back to Top

■ おやき教室の参加申し込み

カレンダーの『申し込む』ボタンを押すと、参加申し込みフォームが表示されます。
各項目を入力し、参加申し込みをしてください。

ご予約はお電話 026-284-2934 か、以下のご予約カレンダーより承っております。

お電話でご予約の際は、以下の項目をお伝えいただけると幸いです。

●参加日  ●代表者のお名前  ●人数

カレンダーには残り数が表示されておりますが、あくまでも参考です。
お電話でも申し込みを受け付けておりますので、状況によって調整させていただくことがございます。その場合は、こちらからご連絡させていただきます。

予約フォームはシステムの都合上、ショップとは別のドメインを使用しております。よって、『申し込む』ボタンを押すと http://soba110.php.xdomain.jp というURLに移動しますが、こちらも当店のものですので安心してお申し込みください。

おやき教室申し込みカレンダー

▲ Back to Top

■ ふきっこおやき教室の様子

    2013年6月9日に開催した、第3回目の様子です。
    【ふきっ子の焼き蒸かしおやき】と、ふくらし粉を入れて作る【蒸かしおやき】の2種類を作りました。
    具のメインとなるのは、旬の野菜である新玉ねぎと新じゃがです。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    まずは一緒におやきづくりをする参加者同士のコミュニケーション作り。

    そして、店主から「おやき」の歴史やいろいろの話をかいつまんでご紹介。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    ふきっ子のおやき教室は、家庭で作るのと一緒。

    生地の軟らかさや弾力を手で感じて覚えます。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    具も、野菜をカットするところからスタート。

    新玉ねぎはおやきサイズに削ぎ落してから輪切りに。
    (もちろん、削ぎ落した玉ねぎは、今晩のお味噌汁に活用しますよ)

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    新じゃがを使った具は時間がかかるので事前に準備しておきましたが、少量は実際に目の前で作ります。

    そして、みんなで味見。
    そのまま食べて「おいしい」ようでは、味が薄いのです。
    味の濃淡も舌で覚えていただきます。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    初心者の方も大丈夫! しっかり包むコツを伝授します。

    パン作りのような蒸かしおやきの生地も、

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    やわらかくて扱いづらい焼き蒸かしおやきの生地も、まずは包むお手本を。


    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    いよいよ、自分たちで包みます!

    蒸かしおやきの生地はスムーズ。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    でも、焼き蒸かしの生地はちょっとむずかしい?

    包んだら、すぐに予熱しておいたホットプレートの上に置きます。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    焼き蒸かしおやきは、生地の表面を焼き固めます。
    店舗では専用の鉄板を利用していますが、教室ではご家庭にあるホットプレートで。

    片面ずつ軽く焼いて、おやきを手で持ってクルクル〜♪
    側面も焼き固めます。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    蒸し器に入れます。
    三段タイプなので、一度にたくさんのおやきを蒸かせます。

    こちらは蒸かしおやき。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    こちらは焼き蒸かしおやきです。

    自分で作ったおやきを覚えておきましょう!
    後でお持ち帰りできますよ。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    最後は、お茶を飲みながら作りたておやきの試食タイム。

    素朴な疑問、質問も飛び交って、おやきの奥深さをみなさん再認識。

    「おいしい!」、「楽しかった〜!」という笑顔があふれます。

    お茶受けの漬物を食べながらも、レシピを聞いてメモする、勉強熱心なみなさんです。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    完成したおやきはこちら。

    こちらは蒸かしおやき。
    味噌風味の新じゃがおやきです。

    先に蒸かし上がっていたふかしおやきは、粗熱がとれた段階で個別にラップしておきました。

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    こちらは焼き蒸かしおやき。
    新玉の辛味噌おやき。

    こちらは試食タイムがはじまってから蒸かし上がったので、できたてのアッツアツ! ヤケドに注意してください!!

    ふきっ子おやきのおやき教室の様子
    楽しい試食を満喫した後は、お片付けです。

    みなさん自主的に片づけをしてくださいました。
    ありがとうございました!

    これからも毎月、こんなおやき教室を開催する予定です。
    ぜひご参加ください。

百十そばのご案内

ふきっ子おやきの百十そば

■ 百十そばとは

りつおばあちゃんとの写真信濃町に住む「りつおばあちゃん」に初めてお会いしたのは、りつおばあちゃんが100歳の時でした。りつおばあちゃんが村のそば打ち名人とお聞きして、すぐに弟子入りをして早5年(2015年10月現在)。

なかなか上達しない、できの悪い弟子を根気よく教えてくださるりつおばあちゃんですが

「陽子さん、おやき屋さんよりおそば屋さんの方が儲かりますよ」

がいつも口癖。

毎回聞き慣れていたそのセリフ、「実はわたしにそば屋を開いて欲しいのかも」と思い始めました。実はお弟子さんの中で開業された方はひとりもいらっしゃらないのです。

「りつおばあちゃんがお元気なうちにそば屋を開店したい!」という思いから、2015年1月にまだまだ未熟ながら、曜日限定のそば屋を開業しました。

そして、105歳のりつおばあちゃんが110歳を超えてもさらにお元気で長生きされるようにとの願いを込めて、弟子のわたしが打つ十割そばを【百十そば】と命名させていただきました

▲ Back to Top

■ 百十そばのこだわり

蕎麦の花の写真りつおばあちゃんが打つそばは、信濃町産の霧下蕎麦粉100%と水だけ、つなぎは一切なしの十割そばです。
それだけにおいしい蕎麦粉でなければ、おいしい十割そばは打てません。

仕入れるのは信濃町の黒姫山麓の傾斜地で育った玄蕎麦。

昼間は気温が上がっても朝晩は霧が巻くほどの冷涼な気候である黒姫山麓一帯は蕎麦栽培の適地で、香りと味が豊かであるといわれています。

信濃町黒姫山麓の傾斜地にある蕎麦畑

その玄蕎麦を保冷庫に保管し、その日使う分だけを石臼挽きにして、十割そばを打ちます。

百十そばの写真

その十割そばに合う【そばつゆ】は、試行錯誤の末、信州産濃口醤油をベースにかえしを作り、寝かせて、節のみでとった出汁と合わせました。

巷にはそば屋さんがたくさんあって、それぞれにおいしさへのこだわりを持っておられますが、わたしが打つそばは“りつおばあちゃんの十割そば”。
それだけです。

▲ Back to Top

■ 百十そば屋の営業・メニューについて

今回プチリニューアルにより、百十そばは実店舗の営業日毎日ご提供させていただくことになりました。これに伴い、毎週日曜日、水曜日は完全定休日となりますのでお間違えのないようにお願いいたします。

お陰様でリピートしていただくお客様も増え、週3日では少ないというお声もいただくようになりました。より多くのお客さまに百十そばを召し上がっていただけるよう努力してまいります。
限定数のご提供となりますので、事前にご予約いただくことをおすすめいたします。

百十そば屋の営業は以下の通りです。

  • 営業日 : 定休日(日曜・水曜)を除く毎日
  • 営業時間 : 12:00〜13:30(ラストオーダー) 14時終了
  • 提供数 : 1日10食限定 ※売切れ次第終了

※第1日曜に続く月曜はおやき教室開催のため、12:30ラストオーダーとなりますのでご注意ください。

※ご予約は不要ですが、販売数限定のため、前日までのご予約もしくは事前にご確認をいただければ確実です。

百十そばのメニューは1種類のみとなっております。

地場野菜をメインとした前菜と信濃町産十割そばセット
1,200円(税込)

百十そばセットの写真 (前菜等は日替わり)

百十そばセットの写真

▲ Back to Top

■ 百十そばの予約について

ご予約はお電話 026-284-2934 か、以下のご予約カレンダーより承っております。

カレンダーの『予約する』ボタンを押すと、予約フォームが表示されます。
各項目を入力し、予約してください。

お電話でご予約の際は、以下の項目をお伝えいただけると幸いです。

●ご予約日   ●代表者のお名前   ●ご来店人数、
●希望ご来店時間(12:00〜、12:30〜、13:00〜、13:30〜)

カレンダーには残り数が表示されておりますが、あくまでも参考です。
お電話でも予約を受け付けておりますので、ご予約状況によって調整させていただくことがございます。
変更をお願いする場合は、こちらからご連絡させていただきます。

予約フォームはシステムの都合上、ショップとは別のドメインを使用しております。よって、『予約する』ボタンを押すと http://soba110.php.xdomain.jp というURLに移動しますが、こちらも当店のものですので安心してお申し込みください。

百十そば予約カレンダー

ふきっ子ショップのご案内

ふきっ子おやきの送料について

■ ふきっ子おやきショップについて

ふきっ子おやきショップにご来店いただき、ありがとうございます。

【ふきっ子おやき】のおやきは、長野市の南部、川中島地方に伝わる“焼き蒸かし製法”で作っています。 おやきは信州の郷土食・お土産として有名ですが、地域ごとに特色があります。

水分量の多いゆるい生地で地元産の野菜を包み、鉄板で周囲を焼き固めた後にセイロで蒸かし上げるおやきは、信州おやきの中でも珍しい製法とされています。

ふきっ子おやきの一番の特徴は、何といってもこの焼き蒸かし製法による生地の食感です。

モチモチとした噛み応えとツルッとした喉ごしは、他のおやきにはありません。

そして一番のこだわりは
野菜調味料

おやきは郷土食ですから、メインとなる野菜たちもシーズン中は地元で採れる旬野菜を100%使います。

おやきを通して野菜の旬を感じて欲しいという思いから、季節野菜はその時期だけ【季節の旬おやき】として登場します。

そんな野菜たちのおいしさを感じて欲しいから、使用する調味料はすべて無添加。野菜本来の味を引き出す、そんな優しい味付けとなっています。

ぜひご賞味ください!

▼ お買い物はこちらから ▼

▲ Back to Top

■ 最初にご一読ください

初めてご利用のお客さまは、安心してお買い物していただくために、まず『ご利用案内』のページで、お買い物の流れやご利用いただけるお支払方法、送料、無料会員登録で得られるポイントについてご確認ください。

当店のこだわりや使用している素材についてもご紹介しています。

お買い物が簡単になる、ポイントがたまる無料登録システムをご用意しておりますので、ご登録ください。

ネットショップに必要なページもご用意しております。

また、送料がわかりにくいというご指摘をいただきましたので、以下に送料についての説明を記載しております。こちらもご一読いただけると幸いです。

▲ Back to Top

■ ふきっ子おやきの送料について

【ふきっ子おやき】では、ご購入いただいた商品の重量で区分けした、3段階の送料システムを取り入れております。

地域別の送料は以下の通りです。

なお、お届け先1か所につき、送料とは別にお箱代として287円(税込310円)をいただいております。
ショッピングカートでは、送料(クール料金含む)とお箱代の合計金額を計算させていただきます。

地域および重量別送料区分一覧表

※お届け先1か所につき、お箱代287円(税込310円)が別途必要です。
 上記金額は1個口のお荷物を1か所へ発送の場合の送料(クール料金含む)となります。

▲ Back to Top

■ 10kgを超える大量注文について

即時対応できない可能性等を考え、ネットショップからは10kgを超える大量注文を受け付けておりません。
そのため、注文数が発送サイズ100(10kgまで)に収まらなかった場合、送料に『9,999円』と表示されます。
個別に対応させていただきますので、ご了承ください。
また、大量注文をご希望の場合は事前にお問い合わせいただけると幸いです。

▲ Back to Top

■ ふきっ子おやきのお箱代について

先にもご案内いたしましたとおり、【ふきっ子おやき】ではお届け先1か所につき、送料とは別にお箱代として287円(税込310円)をいただいております。

大規模な店舗さんやネットショップを中心としている店舗さんにおいては、梱包資材代や梱包作業の人件費を別途いただかなくてもやりくりできる価格設定にされているお店が多いと思います。
しかし、当店では実店舗の販売を中心に考え、商品の価格を設定しております。

よって、ご来店いただいてお売りする場合には必要のない梱包資材の代金や梱包に必要な人件費をおやきの単価に上乗せするのではなく、別途いただく形式をとっており、実店舗にご来店いただいたお客さまでも、発送をご希望の場合にはお箱代を別途いただいております。

まとめ買いしてくださるお客さまが多いこともあり、おやき単価にこれらを上乗せしてしまうとお客さまが損をすることになってしまいますので、真っ当な方法と考えてのことです。
ご理解くださいますよう、お願い申しあげます。

▲ Back to Top

■ 送料区分切り替えとなる商品数の目安

【ふきっ子おやき】のおやきは、おおまかに分けて3タイプの重量区分がございます。

タイプ別の、送料区分が切り替えとなる送料の目安は以下の通りです。

同梱する商品数の目安

お買いものの際は、いろいろな重量タイプが混在しますので
『20〜22個以上で送料区分が【2】になる』とお考えいただいて、お買い物いただくと良いと思います。

※商品の重さは、手作りのための誤差やパッケージの重さ等を考慮して、おやきの重量+5gで合計した総重量を元に、送料を計算しております。

おわかりいただけましたでしょうか?

それでは、ゆっくりとお買い物をお楽しみください。

▼ お買い物はこちらから ▼